SOUL TO SQUEEZE

経営者の皆さん、改めてオフィスってすごい大事ですよ

by Teppei
このエントリーをはてなブックマークに追加

至極当たり前なことなんですが、9月20日にオフィスを移転し、改めてオフィス大事なんだなって気付きました。

お客さんから頂いた移転祝いの刺身に群がるスタッフ

経営者にありがちな話として、見えるものと見えないものの力点のバランスが時に狂いがちです。
見えるものとは費用。固定費としてのオフィス。
見えないものは、環境、内装、働き心地、立地などから得られる社員のモチベーションやコミュニケーションの活性化など。

頭の良い(お勉強のできる)経営者や昭和世代が多い会社ほど見えるものに議論が行きがちです。
当然見えるものはものすごく大事なんですが、見えないものは効果を疑いやすく、精神論になってたりしませんか?
でも、人間は感情を持った生き物。見えるものだけでは片付けられない。

マックでプロポーズができるか

なんとなく、ふと思ったんですよね。付き合ってください!でも、結婚してください!でも、離婚しましょう!でもなんでもいいんですが、大事なことを言う時には場所を選びますよね。人間にとって場所やシチュエーションってすごく大事なわけです。その雰囲気を借りて、背中を押されるというか、実行に移せることも多々ある。マクドナルドでプロポーズする人もいるかもしれないけれど、大抵は夜景がきれいなところとか、思い出の場所とか、そんな場所を選ぶはずです。

言わずもがなですが、その場所の雰囲気って大事だってことは日常生活で日々痛感してることなんですよね。人と人が働く場所なわけですから、息苦しいスペースよりも開放感があるほうが働きやすかったりする。ということは、オフィススペースが業績に与える影響は、経営者の想像よりもはるかに大きいものなのかもしれないわけです。

そんなこと知ってるよって経営者は多いかもしれませんが、頭ではわかっていても心底は理解していない経営者のほうがまだまだ多いのではないでしょうか。

かくいう私も麹町に10年間も居座ってると、そんな当たり前なことすら忘れかけていました。オフィスが良いだの悪いだの言い訳に過ぎない、ぐらいにしか思ってなかった。
でも訂正します。オフィス変えるとすごい。社内の空気が一変します。

経営者の皆さん、移転しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加