LOG IN

新規事業の作り方

by Teppei

小学校二年生から高校三年生までの11年間、野球に身を捧げてきました。ショートを守っていた期間がもっとも長いのですが、大嫌いな野球でも一瞬だけ辞められない瞬間があったなと今思うとあります。

それは、ランナー満塁で、左中間を抜かれる一撃を撃たれた瞬間。マニアックですけど、守っていてその瞬間が好きだったんですよね。

あの抜かれて中継で走って行くときに、背中で状況を感じながらランナーの位置を予測し、ボールを外野から受け取る。振り向いてコンマ何秒で状況を把握して的確な位置に小さいモーションでボールを送り、ランナーを刺す。

あの振り向いてコンマ何秒で投げるべき光の一本道みたいなのが見える瞬間がたまらなく好きで、それが見えた時はほぼ100%刺すことができました。

サッカーで言うところの、自陣深くでボールを受けて、振り向いた瞬間にゴールまでの一直線の道のりが見える瞬間みたいな。

ちなみにサッカーはやったことないので、漫画からの勝手な空想です。よく会社でチームの作り方をサッカーで例えるんですが、全部空想です。高畑さんやったことないじゃないですかって突っ込まれます。

簡単に言うと、新規事業はそんな感じです。
ゴールまでの一本の道が見える。で、はじめる。
新規事業の作り方の話でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Teppei
OTHER SNAPS