SOUL TO SQUEEZE

何歩先まで未来を読むか

by Teppei

明確に未来は見えていて、そこまでの分岐も数百通りあって、どのステップをどのタイミングで踏み、ゴールへ向かうか。だいたい事業を立ち上げる人って頭の中に明確に見えているものだと思う。未来は自らの手で決めて踏み出すもの。ユーザーアンケートの集計結果で決めるものではない。

周囲の声に耳を傾けることは大切だ。でも、周囲の声が未来を作るわけではない。

一度決定したことも臨機応変に変える柔軟さと、100人に指摘されても変えない頑固さと、どっちも必要。

一番大事なことは、挑戦したものにしか見えない景色を楽しみながら進むってこと。観客になったら終わりだ。解説者なんて絶対なりたくない。いまこの瞬間を楽しもう。

このエントリーをはてなブックマークに追加