LOG IN

継続して仕事をお願いしたくなる人の共通項

by Teppei
このエントリーをはてなブックマークに追加

立場上、いろんな人へ仕事を発注します。
プロモーション企画、CM撮影、Webサイトのデザイン、カメラの撮影、動画の撮影、コピーライト、などなど。

昔から継続して仕事を発注し続けてる人のなかでも、CRYPTOMERIAの杉江さんはずっと仕事をお願いしている人の一人で、これかれ7年?ぐらいの付き合いになる。一向に衰えない期待を上回る提案と結果に、いつも驚かされる。

反対に、一度限りで仕事をその後にお願いしなくなったり、数ヶ月やってみて、あ、ないなって打ち切ることもよくあります。むしろ打ち切ることのほうが多いかもしれない。

継続の共通項

どんな人に継続して発注し続けてるのかとふと思い返すと、至って簡単なロジックに行きつく。

それは、

提示した予算相当のアウトプット(こちらがこれぐらいだろうと思う結果)を上回るアウトプットを出す人


これだけの話だと思った。

ここで大事なのは、例えば20万円の仕事ってこんなもんだよねっていう一般論の基準ではない。発注側の頭のなかにある金額相当を指している。

至極単純な話で、それを下回ると次回からは頼まない。たとえ発注側の想定がめちゃくちゃで、全然割に合わなかったとしても、そんなもんだと思う。これは良い悪いの話ではなく、想定を下回ると次はない。


最近、いろんな人に発注するので、ふと整理したらこういう結論になりました。そして、想定を下回らない人ほどよいお客さんが付いてるようにも思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Teppei
OTHER SNAPS