SOUL TO SQUEEZE

40歳が見えてきた

by Teppei

35歳頃から、あれ、いま俺何歳だっけ?と数えることもしばしば。自分がいま何歳なのかがよく分からなくなる時があるんですよね。
17歳とか18歳とかってその一年一年が何か特別な意味を持ってる気がするんですけど、30歳を越えたぐらいから数字の語感が中途半端になってきて、あまり年齢を意識しなくなってきました。

そんな私も今年の10月で39歳。40の声が聞こえる位置まできました。若手と言われなくなって久しいですが、中年と呼ばれることにはまだかなり抵抗があります。

さて、20代よりも数百倍30代は楽しいわけですけど、やはり相応に悩みもあるわけで。結局のところとっちが良いかは比較できないんですけど、でもやっぱり毎年楽しくはなっていくんですよね。だから、40代が今から待ち遠しいんです。

20代の頃に想像していた40代よりも実際は全然気持ちは若いし、未熟だし、まだまだチャレンジしたいことが山ほどあります。でも、言葉の響きはやはり重いです。よんじゅうってって正直思います。
自分ではまだ40って響きが受け入れられないというか、信じられない思いです。あ、まだ今38だった。

いずれにしても、若いことを羨むようなダサい大人にはなりたくないので、常に楽しみまくりたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加