LOG IN

大嫌いだった忘年会が好きになった日

by Teppei

かつて、忘年会が嫌いでした。いえ、大嫌いでした。
これは下戸の皆さんは共感してくれるかもしれませんが、お酒がさほど飲めない人間にとって、会社の行事で3時間も4時間も、シラフの状態で酔っぱらいのハイテンションについていくのは結構しんどいですよね。

その昔、当社には忘年会以外にビアバストという会社全体の飲み会がありました。飲み会の最後に一人一言という催しがあって、みんなの前で何かを言わないといけないんです。何となく、みんなが面白いことを言わないといけない雰囲気があり、シラフの自分にとって最も嫌いな瞬間でした。

なので、入社したばかりの頃は体調不良という名目で欠席したり、どうやって出ないようにするかを考えていたものです。

それでも、だんだん社内で昇進していくと、さすがに欠席するわけには行かなくなってきました。
さすがに本部長が逃げるように休んでたらまずいですからね。でも、相変わらずお酒は得意ではなかったので、忘年会は悩みのタネではあったんです。

同じバカなら踊らにゃ損

何がきっかけかは覚えてないんですが、いつの頃だったか、ふと全力で楽しむ努力をしたらどうなるんだろうって思ったんですよね。今から5年ぐらい前でしょうか?

ビンゴは最前列で食い気味にやる。
全体写真は一番目立つ位置に収まる。
ちょっと暇そうにしてる人を捕まえて話す。

たったこれだけのことなんですが、意識してやってみたら、これが何とも結構楽しいんじゃないの??って思ったんですよね。
同じバカなら踊らにゃ損。

それからは毎年忘年会が楽しみな行事へと変わりました。今年もビンゴは最前列でかぶりつくようにやりましたが、何も当たりませんでした。

で、忘年会は昔の私のような欠席者もそこそこの人数いて、私もそっち側の人間だったので何も言えることはないんですが、少しずつみんなが楽しめて、参加したくなるような会を目指して行きたいなって今は思います。

今年も楽しかった!幹事のみんな、ありがとう。そして四月から入ってくる新卒4名。楽しみに待ってます。左2人は韓国からの超優秀な若手!
そして女性は沖縄から初の新卒!一番右は留学生。バラエティーに富んでいい感じです。



Teppei
OTHER SNAPS